リースのメリット

1.計画的・合理的な事業運営ができます

毎月一定のリース料を支払う仕組みのため、コストを容易に把握することができ、事業を計画的・合理的に進めることができます。また、リース料は契約時点で確定しますので、長期金利の変動に左右されることもありません。

2.多額の初期費用が不要で資金を有効活用できます

機械設備を購入するには多額の購入資金が必要となりますが、リースをご利用になれば、月々のリース料でご希望の機械設備をご利用になれます。

3.設備の使用予定期間にあわせて弾力的に対応できます

ファイナンスリースと認められる適正なリース期間を選んでリースを利用すれば、タイムリーに最新設備をご利用になれます。

4.管理事務の省力化ができます

機械設備の導入に伴う固定資産税の納付、保険付保手続などの管理事務の負担が軽減されます。

5.環境関連法制に適正に対応できます

契約期間満了後は、機械設備を返却するか継続使用するか選択できます。また、返却に際しても、環境関連をはじめとした各種法令に則って適切な方法により対応いたします。

リースと割賦の比較

  リース 割  賦
対象物件 希望する機械設備全般 希望する機械設備全般
契約期間 比較的長期(2年〜7年)
但し税法上の制限があります
比較的長期(2年〜5年)
原則、制限はありません
所有権 リース会社 契約期間中はリース会社が所有権を留保します
中途解約 原則として解約できません 原則として解約できません
固定資産税申告
動産保険料支払
リース会社が支払 お客様が支払
契約終了後 再リースまたは物件のご返却 所有権留保を解除します